理科・社会に自信ある人のあと10点の伸ばし方

プライベート学習教室

0774-24-7530

〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11

受付時間/10:00~22:00 定休日/無休

理科・社会に自信ある人のあと10点の伸ばし方

塾長ブログ

2021/06/02 理科・社会に自信ある人のあと10点の伸ばし方

 

IMG_0035

 

英語、国語、数学と比べ理科・社会にが強い人がいます。

 

 

高校生として、英、国、数に強い方は、気分的に安定感があるのでしょうが、、国公立大学を志望するとしたら、5教科のうち、理科、社会の2科目は、決して無視できないウェイトです。

 

さらに大学の学部、学科を選ぶ際に、理科、社会が得意な人は、そのまま志望につながることが多く、けして捨てたものでありません。

 

まず理科が強い人ー自然の性質や動きに敏感なことがあなたの武器です。自然に関心を持ち、感動する理科の原点を大切にしてください。実験は、教科と自然を結ぶ大切な糸であり、学習に欠かせない調味料の役割を果たしますから、軽視しないことです。もちろん理科の主戦場は問題集です

 

物理化学計算問題が主流であり、物理は公式を縦横に駆使し、科学ではモル数を自由に使いこなせるようになってほしいものです。生物については、幅広い出題が行われるので、まず教科書を精読し、自力でサブノートを作り、問題数の多い問題集で1つずつ潰していくほかありません。

 

社会が強い人普段から読書や新聞を通して、親しみを感じている人が多いようです。まず地理、これはなんといっても地図を座右に用意し、テレビや新聞で記事を見る事に、地図帳開いてその場所を確認することが第1です。最新の地理統計を満載した日本国勢図会という本が毎年6月ごろ出ますから、これを求め折に触れてみると地理は抜群に強くなるはずです。

 

日本史、世界史教科書と年表で流れをつかみ、用語集で1つずつ確かめ得ていくと良いです。できたら教養と学習を兼ねて中央公論社の日本の歴史世界の歴史など読んでみると、それが手掛かりとなり歴史全体が見えるようになり、あなたのいわば秘密兵器となることでしょう。

 

現代社会、政経用語をグループごとに整理していくことが大切であり、新聞を普段からよく読んでおけばその面のセンスが養えます。

 

社会についても主戦場は問題集であり、問題集で得た新しい知識を、あなたの学習の主軸となるノートなどの余白に記入していくことで、社会の実力に幅と確実性が出るはずです。

 

難関校を目指す浪人で理科、社会が弱い人は1人もいないと言われるくらいです。これは理科社会の各科目が3ヶ月くらいやれば、ほぼマスターできるためです。

 

難関校を目指す人なら、なんといっても英、国、数が勝負どころですから、理科、社会だけ夢中になるのは感心しませんが、ボリュームの多い英、国、数に対し理科、社会は短期決戦ができますから、それは最後に回すのではなく、先に理科、社会をひとまず済ませ、自信とゆとりをもって英国数に対決するのも1つの手といえるでしょう。

 

 

宇治市で丁寧な個別指導を行うマンツーマン指導プライベート学習教室では、得意科目で、あと10点、得点を伸ばす対策を、立てています。

電話番号 0774-24-7530
住所 〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11
受付時間 10:00~22:00
定休日 無休

TOP