食肉としての牛肉を食べる量を減らす

プライベート学習教室

0774-24-7530

〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11

受付時間/10:00~22:00 定休日/無休

食肉としての牛肉を食べる量を減らす

塾長ブログ

2022/06/15 食肉としての牛肉を食べる量を減らす

授業風景

 

食肉としての牛肉

 

昼食に何を食べたかを考えてみよう。

 

ハンバーガーだったろうか。チキンサンドイッチだろうか。バーベキューだったろうか。野菜はどうだろうか。

 

食肉が惑星全体に影響を与える可能性があるということを知ると、あなたは驚くだろうか。特に食肉に関しては!

 

影響する可能性が大いにあるのだ。最近の研究が示すところでは、食肉をはじめとした食物とその生産は、地球とその温暖化している気候に影響を与える。

 

研究者たちは、食肉を食べる人々に、悪い知らせをもたらした。彼らは、食肉に関してもっと環境にやさしい食べ方についていくつかの提案をした。

 

地球温暖化については今では、おそらくほとんどの人々の関心事となっている。長年にわたって科学者たちは我々の惑星が温暖化していることを警告してきた。

 

もし現在の傾向が続くなら、我々の食卓に出される食肉をはじめとした動物は絶滅に向かうかもしれないし、生活は全ての人にとって非常に困難になるかもしれない。

 

気温が上昇してるのは、人々が1世紀以上にわたって温室効果ガスを大気中に放出してきたからだ。

 

これらのガスは惑星を取り囲み、熱が大気から逃げるのを妨げる。それらは熱を閉じ込める。地球を毛布だと考えることもできる。これらの温室効果ガスの1つが二酸化炭素である。

 

このことが、食べ物と食肉と何の関係があるのだろうか。

 

私たちが毎年大気中に出す大量の二酸化炭素は、食物を作ったり食べたりする過程から生じる。と科学者たちがシカゴで報告した。食肉の生産は二酸化炭素の増加の大きな一因となる。

 

そして食肉の関与の多くは牛肉からによるもので、それは豚肉や鶏肉のような他の種類の食肉よりも、大気中により多くの温暖化ガスを放出する原因になる。

 

例えば、ハンバーガーを作る工程にはたくさんのエネルギーが必要である。上記のような

 

食肉の代表である牛は農場で餌を与えられ、餌を与えて育てられなければならないが、牛のふん尿はメタンの主な発生源で、メタンはとりわけ強力な温室効果ガスである。

 

その牛はとさつされ、肉は加工されて、消費者の元へ出荷されなければならないが、それには燃料が必要である。牛のほとんどは、食肉として使われることさえない。

 

食肉として1つのハンバーガーが、最終的に家の夕食の皿に乗る頃には、すでに環境に害を与えてしまっている。

 

スウェーデンのあるバイオテクノロジーの研究者によると、2分の1ポンドの100%ビーフバーガーを1つ作る過程で、そのハンバーガーの約19倍の重量の二酸化炭素に相当するもの(種々の温室効果ガス)が大気に放出されるのである。

 

食肉の関与の多くは牛肉であることを忘れてはならない。

 

 

宇治市で丁寧な個別指導を行うマンツーマン指導専門プライベート学習教室では、上記のような分かりやすい文章で、次世代を担う子供さん方に、持続可能な生活の基礎知識を学んでもらうことも、当塾の役目として、英語、社会や国語の授業のテーマに取り上げています。

電話番号 0774-24-7530
住所 〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11
受付時間 10:00~22:00
定休日 無休

TOP