盲導犬の幸せな余生

プライベート学習教室

0774-24-7530

〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11

受付時間/10:00~22:00 定休日/無休

盲導犬の幸せな余生

プライベート学習教室通信

2018/09/01 盲導犬の幸せな余生

生徒たち

 

 

引退した盲導犬は老犬ホームで、どのように暮らしているのでしょうか

 

目の不自由な人を助ける盲導犬は、ペットとは違い、判断力が衰えると、引退することになります。

 

数年前、散歩中に16歳の盲導犬が倒れ、老犬ホームの職員に注射してもらい、担架でホームへ運び込まれ、「もう大丈夫だよ」優しく声を掛けられながら、タオルケットの上に寝かしつけられた記事が載っていました。

 

盲導犬になる犬種は、ゴールデンレトリーバーやラブラドールがよく見かけられます。指示命令を出す言葉は、英語を基本としているため、犬たちが、盲導犬として活躍するための、マニュアルの歴史は、外国が主体らしいです。

 

引退した盲導犬のために、北海道盲導犬協会は、1978年に全国で初めて老犬ホームを設立しました判断力が低下するため.盲導犬は、通常10歳から12歳で引退します。

 

元気な犬は、一般家庭に引き取られますが、難しいと、ホームに預けられます。ホームには、人間の年齢にすると、皆80歳を過ぎた盲導犬たちがいます。

 

ホームは、段差のないバリアフリー作りで、エレベーターもあります。1階は、犬の居住スペースとリビング、2階は、日向ぼっこができる広場があります。

 

スタッフとボランティアの人が、面倒を見ているそうです。午前6時半、犬たちは1階のトイレで用を済ますと、朝食をとって散歩に出かけます。

 

人間と同じで、引退したばかりの犬は、脱力感に襲われることがあり、仕事をしてるときの、リズムを崩さないことが、大切だそうです。

 

散歩の時、スタッフは、ハーネスはつけないで、現役時と同じように、段差や交差点の前で立ち止まらせる訓練は、し続けています。

 

出会いがあれば、悲しい別れもあります。ホーム内の慰霊碑の下には、250頭以上もの盲導犬が眠すっているそうです。人間の為に、一生懸命尽くしてきた、妄動犬たちへのせめてもの恩返し、という深い意味が込められているそうです。

 

宇治市で丁寧な個別指導を行うマンツーマン指導専門プライベート学習教室では、盲導犬たちのイラストを使い、彼らが社会の中でどのような活躍をしているのか、ほかの犬たちの仕事も含めて、勉強しています。

 

電話番号 0774-24-7530
住所 〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11
受付時間 10:00~22:00
定休日 無休

TOP