法隆寺の五重塔

プライベート学習教室

0774-24-7530

〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11

受付時間/10:00~22:00 定休日/無休

法隆寺の五重塔

塾長ブログ

2019/05/29 法隆寺の五重塔

人の模型

 

法隆寺の五重塔は世界最古の木造建造物

 

伝統的な日本の建造物は木造で、一部の建造物は有名な史跡で見られます。

 

法隆寺の五重塔はその1例です。それは世界最古の木造建築物でもあり、日本で初めての世界遺産でもあります。法隆寺の五重塔は、1300年にわたって奈良に立っています。

 

法隆寺の五重塔が、地震や台風に強いという事実に驚くかもしれません。普通の日本の家や建物は、しばしば地震や台風により損害を受けます。法隆寺の五重塔は、木造で、非常に高いにもかかわらず、そのような自然災害によって、深刻な損害を、受けたことはありませんでした。

 

コンクリートで出来た塔は、次々とひびが入りやすい一方で、この木造の塔は違います。法隆寺の五重塔の耐久性は、長い間謎でした

 

 

法隆寺の五重塔は、高さ31.5メートルもあります。どのようにして、この高くて、古い建造物が1300年にわたって、立ち続けることができたのでしょうか?

 

その構造の中に、謎を解く鍵がありま

 

中から屋根を見ると、心柱しっかりと固定されているように見えます。しかし実際にはそうではありません。

 

ある日本の建築家は、地震が起こると、5枚の屋根は、それぞれ独立して揺れます。それから5枚の屋根を通っている心柱が、屋根の動きを吸収して、揺れを弱めます。と指摘しています。

 

実際に地震の発生時に、法隆寺の五重塔が揺れるのを、目撃した人もいました。彼らは1枚目屋根が右に揺れ、2枚目の屋根が左に揺れ、3枚目の屋根が右に揺れるのを見ました。

 

屋根は、実際には互い違いに揺れ、それでも法隆寺の五重塔は、まっすぐ立っていました。

 

どのようにして法隆寺の五重塔はこの揺れから耐えたのでしょうか?

 

実際、柱と梁の結合部分には、柔軟性があります。これにより法隆寺の五重塔は、柳のように揺れます。柱と梁は、ほぞ穴と、ほぞの結合を使うことによってつながっています。この方法は結合部分に遊びを持たせます。その結果として、建物は動きを吸収することができるようになります。

 

この古代技術は現在、現代建築に使わています。伝統的に法隆寺の五重塔の様な柔構造は日本の建築家によって、鋼構造は西洋の建築家によって使われています皆さんご存知の通り、この柔軟性は東京スカイツリーの設計に、使われたのです。

 

言い換えると、1000年以上の歴史を持つ技術が、東京スカイツリーの建設に使われたのです。

 

建築家は、法隆寺の五重塔を、日本の建築技術の象徴とみなしています。一般的に言って、西洋の技術は、力を力によって制御するという考えに基づいています。その一方で、日本の技術は、力を受け入れて適応するという考えに基づいています。

 

法隆寺の五重塔は私たちに自然と調和した生き方を思い起こさせます。

 

宮大工と呼ばれる特別の大工がいます。宮大工は神社やお寺を建てたり、修理したりします。彼らは古代の大工の伝統や、技術を継承しますが、数の上で少なくなっています。

 

伝統的な日本の建造物は、時々修理が必要です。このような建造物を保存するために、伝統的な日本の技術を、受け継ぐことのできる新しい大工が必要です。伝統を存続させることができるのは若い世代です。

 

 

法隆寺の五重塔のような、構造上の技術を生かした世界的な建造物の例を上げると、それは、エジプトのクフ王の大ピラミッドです。世界で最も大きく、高いピラミッドです。ピラミッドにつきましては、前回のブログでも書きました。

 

もともとこのピラミッドは、輝くようなつやのある大理石で覆われていました。

しかし大理石は、他の建造物を建てるために、後で採取、再利用されました。これによりピラミッドは約10メートルも低くなりました。したがってピラミッドの1部は損害を受けています。しかしその基礎の構造は長い歴史を通して、しっかりと立ち続けています。

この強さの秘密は、法隆寺の五重塔と同様に、その構造上にあります。

 

ピラミッドは平均2.5トンの重さの約130万の石灰岩の石塊で作られています。小さな石塊はピラミッドの高い部分、大きな石塊は、低い部分に使われました。さらに最も重い石灰岩の石塊は、ピラミッドの下の底部に使われました。この構造によってピラミッドは4000年以上の間、建ち続けてきました。

 

宇治市で丁寧な個別指導を行うマンツーマン指導専門プライベート学習教室では、入試に法隆寺の五重塔のような古代建造物の構造や歴史などが、様々な形で出題されているので、その背景をできるだけ詳しく勉強しています。

 

 

電話番号 0774-24-7530
住所 〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11
受付時間 10:00~22:00
定休日 無休

TOP