絵画、真珠の耳飾りの少女 マンツーマン指導専門 プライベート学習教室

プライベート学習教室

0774-24-7530

〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11

受付時間/10:00~22:00 定休日/無休

絵画、真珠の耳飾りの少女 マンツーマン指導専門 プライベート学習教室

塾長ブログ

2022/10/20 絵画、真珠の耳飾りの少女 マンツーマン指導専門 プライベート学習教室

IMG_0764

 

 

 

絵画、「真珠の耳飾りの少女」は、有名なオランダの画家、ヨハネス・フェメールの作品です。

 

 

現在残ってる作品の数は、33から36作品でぐらいで、非常に少なくなっています。その中でもっとも有名なのが、「真珠の耳飾りの少女」です

 

 

 

それはフェメールブルーと呼ばれて、鮮やかな青色で高く評価されています。

この色は、ある天然石から作られた染料で作られました。

 

フェメールの絵画には、他にもいくつかの特徴があります。

 

多くの彼の絵画は、カメラによって撮られた写真のように見えます。そして多くの彼の絵画は、同じ部屋で描かれたように構成が似ています。

 

さらに彼の絵画は、同じ時期のヨーロッパの絵画と比較すると寸法が小さいのです。

 

これらは何を意味するんでしょうか

それはフェメールは、カメラオブスクラを使ったと推測する人もいます

 

 

暗室を意味するするこの言葉は、現代のカメラの先駆けだと言われています。

 

仕組みは次の通りです

 

まず初めに暗室を作り、壁に小さい穴を開けます、外部の目的物から反射される光は、穴を通り抜けて、反対側の壁のスクリーンに画像を作り出します。

画像は上下さかさまに写りますが、私たちの目には本物に見えます。その画像は、単に画像をなぞることにより、描かれることが可能です。

 

 

17世紀には、フェメールの故郷であるデルフトでレンズ産業が盛んだったので、フェメールはカメラオブスクラの改良版を使用したようです。

 

しかしフェ、メールは絵画の中で本当にカメラオブスクラを使用したのでしょうか?

彼が使用したといういくつかの証拠があります。

 

彼の作品の「レースを編む女」という作品を見てみると、特定の部分、特に赤糸と白糸の部分がぼんやりと描かれています。

 

また別の作品「牛乳を注ぐ女」という作品では、パンやかごのあたりが、それほど鮮明でない一方で、離れた壁には、はっきりと示されている釘アナや、ひっかき傷があります。

 

イギリスの建築学者は、構成が類似してるフェメールの11作品を分析して、いくつかのおもしろい発見をしました。

 

まずこれらの絵画に描かれている部屋は実際には同じ部屋で、それらの絵画は同じ視点から描かれていました。

 

フェメールが同じ部屋に設置されたカメラオブスクラを使って描いたと仮定すると、なぜ絵画の構成がそれほど類似してるのかを、理解することは簡単です。

 

さらフェメールの絵画は、遠近法をが驚くほど正確であることを発見しました。

 

彼はこのことは、この装置の使用なしには不可能だろうと思いました。

 

さらにフェメールの絵画の比較的小さい寸法は、カメラオブスクラを通して作られた画像の寸法に出ることがわかりました。

 

17世紀にレンズの助けを借りて、素晴らしい美術絵画を作り出すことは、革新的で先駆け的な方法でした。

 

フェメールがカメラオブスクラを使って、彼自身の絵画を確立したならば、それは確かに画家としての偉大さによるものでした。

 

フェメールの絵画の秘密は、芸術と科学の融合にあります。

宇治市で丁寧な個別指導を行うマンツーマン指導専門プライベート学習教室では、絵画英語をフェメールについての英語の授業の中で学習してみました。
電話番号 0774-24-7530
住所 〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11
受付時間 10:00~22:00
定休日 無休

TOP