自転車は彼の障害を超えさせた

プライベート学習教室

0774-24-7530

〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11

受付時間/10:00~22:00 定休日/無休

自転車は彼の障害を超えさせた

塾長ブログ

2021/09/18 自転車は彼の障害を超えさせた

学校帰りの生徒

 

癌を克服してツールドフランスで優勝した男性のお話です。

 

 

すべての障害はチャンスにしなさい、全ての否定的なことを肯定的なことに変えなさい、

 

彼の母はこういう主義で私を育てました。そしてこのようにして彼は生きてきました。

彼が育ったテキサスの小さな町では、もしフットボールをしてなければ、つまらない人間になります。彼は、フットボール選手になろうとしましたが、ダメでした。それで何か他のものを見つけたいと思いました。

 

彼は子供の頃、継父とうまくいってませんでしたが、そのことが彼をいらいらさせていました。しかし彼にこの問題を克服するチャンスを、与えてくれる何かが起こりました。彼は初めての自転車に出会ったのです。

 

彼は自転車に引かれ、思いました。「もしこの自転車で十分長い道を走ることができれば、どこかここよりいい場所に連れてってくれるだろう」

 

晴雨を問わず私は自転車のペダルをこぎ続けました。13歳の時、彼は若いサイクリスト向けのトライアスロンで優勝しました。彼は州全体で1番の若手サイクリストだという感覚が気にいっていました。

 

1990年、彼が18歳の時に、日本の宇都宮のレースでサイクリストとして国際的デビューをしました。私は強いライダーでしたが、作戦が得意ではありませんでした。

 

レースは中盤までに疲れきってしまわないよう、体力をもっと効果的に使う必要がありました 私は、ベストを尽くしましたが111着でゴールしました。

 

1993年に彼はオスロで開催された世界選手権で優勝しました。彼のレース技術は上達していましたが、まだ改善する必要がありました。

彼が初めてツールドフランスに参加したのは、1995年のことでした。彼はサイクリストにとって世界で最も厳しいレースに、うまく参加することができましたが、彼はまだ優勝するのに充分な力は持っていませんでした。

 

しかしそのツールドフランスの後、彼は人生の絶頂期に入ってるという感じを持っていました。世界的に自転車のトップライダーの1人として、大邸宅やきれいなスポーツカーを手に入れ、銀行には、財産もできました

彼はいつもすべてがうまくいくと考えてました。

 

すると突然、彼の人生の中で最もひどい障害が起こったのです。「あなたは癌です。」という言葉を聞いた時、「恐怖」という言葉の本当の意味がはっきりわかりました。

 

この恐怖に比べれば、彼が今までに感じた恐怖はゼロに等しいものでした。

 

「両方の肺と脳に癌があります。」医者はいました。生存の可能性は40%でした。彼は、まだ25歳で生きたいと思いました。彼は3度の手術と、それに続く絶え間ない長く苦しい化学療法を受けました。

彼は絶えず、痛みで苦しみ、嘔吐し続けました。彼はその療法は、病気そのものと同じくらい、あるいはそれ以上にひどいと思いました。それは4ヶ月いっぱい続きました

 

彼は奇跡的に癌の生存者になりました。

 

問題は、彼が仕事に戻るべきかどうかということでした。

 

長く辛い化学療法のせいで、彼には全ての筋肉はなくなり、何もできないほど弱くなったという気がしました。自転車に乗ることは、彼にはもう無理だと思いました。

人々が「アームストロングは終わった。彼はもう2度と自転車レースはしないだろう。」と言ってるのを聞きました。彼はプロのサイクリストとしての仕事を辞めようと思いました。

 

彼はほとんどの時間をゴルフをしたり、テレビを見たりして過ごしましたが楽しくありませんでした。彼は楽しいとも、自由だとも感じませんでした。

ちょうどその時、自転車のコーチが彼に会いに来ました。車庫で私の自転車を見て、彼には、私が自転車に乗ってないことがわかりました。

 

あなたは生き返ったんです。今あなたは生活に戻る必要があります。コーチは、彼に言いました。

 

そしてコーチは、アパラチア山脈のブーンで自転車のトレーニングキャンプをしようと提案しました。彼はあまりその気になりませんでした。しかしそこは、彼が以前に2度レースで優勝した場所でした。

そこは再出発するのに悪い場所ではありませんでした。少し時間をかけて、彼は自転車に戻る決心をしました。彼は来る日も来る日も何時間も自転車のペダルをこぎ続けました。

 

ある日雨の中、彼が上り坂で自転車をこいでいるとき、道路の上の色あせた黄色と白の文字が目にとまりました。それは「ランス万歳」と読めました。

 

そしてそれは、以前の自転車レースで私を見た観客によって書かれたものでした。坂を上り続けていると、自転車の車輪の下にもっと色あせた文字を見つけました。進め、アームストロング。

 

そこで彼は彼の人生が何かに運命づけられてるのかが分かり始めました。それは単純にこうでした。

人生は長く辛い上り坂になるだろう。彼は何をしなければならないのかに、気が付きました。ツールドフランスに優勝しなければならないのです。

 

彼は1999日にツールドフランスに再び挑戦するまで、全てを犠牲にし、辛い自転車の訓練に専念しました。私が勝つ、と期待した人は、ほとんどいませんでした。レースの前半では、体力を温存し後ろにいました。

 

中盤で彼は先頭に立ちそれを守りました。ペダルをこぐと、自転車が揺れ、息は荒くなりました。彼は3週間以上続くレースで、自分の体力のバランスをとりながら、あげても暮れても自転車に乗り続けました。

 

彼は疲れきっていましたが、進み続けました。

最後の6キロになると力の限り休まずに自転車のペダルをこぎました。ゴール横切った時、彼は彼の1番近い競争相手より9秒速いということを時計が示していました。

 

彼はツールドフランスに優勝したのです!

 

 

「ランスは、フランスの丘や山々を飛んで登った」と書いてある新聞記事を読んだことがあります。しかしあなたは丘を飛んで登らないでしょう。あなたはゆっくり苦しみながら丘を登るのです。

そして本当に努力すれば、頂上に到達するのです。

 

人生は生涯でいっぱいです。そして。それらをチャンスに変えるのは、あなた次第なのです。

 

 

 

宇治市で丁寧な個別指導を行う、マンツーマン指導専門プライベート学習教室では、小学生から高校生まで、ツールドフランスの話に、興味と感心を持っています。大切なことを、学んでほしいと思っています。

電話番号 0774-24-7530
住所 〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11
受付時間 10:00~22:00
定休日 無休

TOP