ムーミンは代表的は子供向け物語の1つ

プライベート学習教室

0774-24-7530

〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11

受付時間/10:00~22:00 定休日/無休

ムーミンは代表的は子供向け物語の1つ

塾長ブログ

2020/01/20 ムーミンは代表的は子供向け物語の1つ

先生と生徒

 

ムーミンのアニメーション

 

児童文学の中でも、アニメーションを通して見られる文学について、特徴的な作品を紹介してみます。

 

児童文学の有名な作品は、アニメーションを通して、広く一般の人に知られるようになっています。

 

アニメーション映画になった、代表的な子供向けの物語の一つの例は、ムーミンです。

 

このアニメは、日本でもヒットし、同時にいくつかのヨーロッパの国で、テレビでも放送されています。多くの日本人はその可愛らしい登場人物をアニメで見ています。

 

しかし、ムーミンの世界について、皆さんは、実際どのぐらいのことを知っていますか。

 

100人の日本人学生の調査で、次のような質問がされました。

 

1番、ムーミンについて何か知っていますか

 

2番、その物語の原作はどこに由来するか知っていますか

 

3番、ムーミンの物語にどんな印象を持っていますか

 

100人の学生のうち、ほぼ90%の人が、最初の質問に、はい、と答えましたが、彼らのうちの4分の1しか、その物語の起源を知りませんでした。

 

3番目の質問に答えて、学生たちは様々な印象を述べました。

 

かわいい、くらい、幸せそうだ、真面目だ、親切だ、わがままだ、などです。

 

そのような様々な印象を持つ理由はなんだと思いますか。

 

ムーミンの世界は、原作での彼の名前はムーミントロールですが、フィンランド人の作家であり画家でもある、トーベ・ヤンソンによって作られました。彼女は一連のムーミントロールの本を書きました。

 

彼女の最初の本である、小さなトロールと大きな洪水、は、第二次世界大戦の直後、1945年に出版され、最初は、フィンランド人の新聞、雑誌の売店でしか売られていませんでしたが、しばらくすると、その登場人物の多くがフィンランド人の人々に気にいられ、その後の26年以上、トーベはもう8冊の本の話を作り、挿絵を描きました。

 

ムーミントロール、という珍しい名前は、トーベの叔父によって作られました。

 

彼は、ムーミントロール、と呼ばれてる目に見えない生物が、この家のレンジの後に住んでるよ、と言って彼女を怯えさせ、彼女が何か悪いことした時、彼は、ムーミントロール、が出てくるぞ、と彼女に言ったものでした。

 

ムーミントロールの姿は、トーベが少女の時に、壁に走り書きした人物に由来しています。

それは、大きな花と長いしっぽを持った、ぽっちゃりした生き物で、トーベは成長してもこの人物を描き続けました。彼女が20代のとき、戦争が始まり、その戦争のあいだ、トーベはその戦争に対して、堂々と意見を述べている、雑誌の表紙の挿絵を書く仕事をしていたために、フィンランド政府は、彼女の作品を検閲することになったのです。彼女は、描く意欲を失い、「この世界が大混乱してる時には、絵を描くことは、何の意味のない」「私の周りのすべてのものがだんだん色あせていく」と感じ始めていました。

 

彼女の周りの世界に失望し、トーベヤンソンは新しい自分の想像の世界を作り始めました。彼女は子供の時の楽しい日々を覚えていて、静けさと平和を感じる場所を見つけようとしました。

 

その場所はムーミンバレー、ムーミントロールという名前の生き物と彼の友達が住んでいる緑の谷でした。「実をいうと戦争中にそんな話を書くことは、私にとって一種の現実からの逃避でした。」トーベは言いました。

 

 

トーベの想像上の世界は、彼女の国、つまり限りない緑の森と青い湖がいっぱいある国を表しています。ムーミンバレーでは、ヨーロッパのように、夏が短くて、冬は長く続きます。秋の終わりになると、冬の冬眠に入る前にムーミントロールと彼の家族は松葉をお腹いっぱい食べます。

 

その他にの生活は、浮き沈みで溢れています。時々、洪水や竜巻、そして火山の噴火によって驚かされます。この物語の登場人物は自然の脅威だけでなく、自分たちの難しい個人的な問題にも対処しなければなりません。このことがムーミントロールのシリーズを他の子供向けの話とは違ったものにしています。

 

次のようないエピソードがあります。

 

ニンニにという名前の少女は、彼女のおばさんが、いつも彼女に嫌がらせをするせいで自信を失っています。

 

彼女は、とても嫌な感じがしたので、目に見えない姿になっているのです。彼女にとって幸運なことに、彼女にはムーミントロール一家と会うチャンスがありました。

 

一家は、彼女を歓迎し、彼女をとても優しくもてなしました。彼らの優しさに心を動かされて、彼女は次第にまた見えるようになります。もっとも、彼女の顔を取り戻すまで、もう少し長くかかるのですが。

 

ムーミントロールの小さいけれど、手ごわい友達のリトルミは、戦うことを学ぶまでは、あんたの顔を持てないわよ、と彼女にい言います。

 

自分の顔を取り戻すためには、ニン二には自信を得る必要があるのです。ある日ムーミンパパは、ふざけてムーミンママを海の中に落とそうとします。その女の子は彼が、ムーミンママを傷つけようとしていると思います。彼女は怒り、しっぽに噛み付いて、ムーミンパパを止めます。彼女の顔が再び現れ始めたのは、まさにこの瞬間です。彼女の大好きなムーミンママを助けることで、この時までは、誰かに勇敢に立ち向かうという意思を、けして見せなかったニンニは、彼女の顔を取り戻すことができるのです。ニン二が、ムーミンパパに勇敢に立ち向かうことによって、彼女は自信を得るのです。

 

 

このエピソードが占めてるようにトーベは、彼女の空想の話をして、人間の問題について話しかけてきました。ムーミントロールの世界に入れば、ムーミンバレーの住人たちが、あなたが自分の人生で、直面してるのと同じ種類の問題を、抱えているということがわかるでしょう。それで読者たちは楽しむと同時に、登場人物や物語から、人生について教訓を学ぶことができるのです。

 

空想の形によって、様々な人々が彼女の物語の中で、自分自身の個人に関するメッセージを、見つけることができます。

 

 

トーベは、ムーミントロールの世界を作ることによって、現実から逃避したいと言っていました。しかし実際には、彼女は現実から逃げてはいませんでした。

 

その代わりに彼女は、現実を独創的に対処し、そうすることによって、世界中のたくさんの子どもたちに、喜びをもたらしているのです。

 

「子供たちが、私の空想の世界の中で、自分自身を見出し、私の物語を大切にしているのを見て、私はとても幸福になります」とトーベは言いました。

 

35以上の言語に翻訳されて、ムーミンバレエの物語は、世界中の人々の心を魅了しています。

 

ムーミントロールの世界は、楽しい時だけでなく、苦しい時にも人々を楽しませ、彼らのために道を明るく照らし続けています。

 

 

宇治市で丁寧な個別指導を行うマンツーマン指導専門プライベート学習教室では、生徒さん一人一人が抱えている、現実の課題に対して、目を背けないで、独創的に対処できる力をつけてもらうことを、一年の始まりに、教師たちは、願っています。

 

 

 

電話番号 0774-24-7530
住所 〒611-0002 京都府宇治市木幡赤塚23-11
受付時間 10:00~22:00
定休日 無休

TOP